提携事業者 加盟店規約改定のお知らせ:改定日 2021年6月15日

平素よりPAY.JPをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2021年6月15日付で、利用規約を改訂させていただきますので、お知らせいたします。
改訂箇所・改訂理由は以下のとおりです。

改定対象

PAY.JP加盟店利用規約にて遵守が義務付けられている各提携事業者の加盟店規約のうち、下記の改定となります。

改定箇所

新旧比較表をご確認ください。

改定理由

規約が加盟代行型と情報処理型で分かれていたものを統合し、またその他規約と平仄を合わせるための改定となります。

本件に関するお問い合わせ先

PAY株式会社: https://pay.co.jp/
PAY.JP: https://pay.jp/contact

今後ともPAY.JPをご愛顧くださいますようお願い致します。

CDN導入のお知らせと疎通確認のお願い

平素よりPAY.JPをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

昨今増加しているBOTやツールを利用していると思われる不正なAPIアクセスからの防御を目的として、PAY.JPの各サービスにCDNを導入いたします。

導入時期

2021-06-14(月) 予定

※都合により前後する場合がございます

想定される影響について

不正なリクエストであると判定された場合に、アクセスの遮断やCAPTCHAの要求が発生する可能性があります。 保護の対象は基本的には公開鍵によってアクセスされるAPIやエンドユーザーがアクセスするwebページなどで、サーバーからアクセスされる秘密鍵APIなどについては適用されない予定です。

加盟店様のご対応について

次項をご確認いただき、必要に応じて通信テストをお願いいたします。 API仕様面での変更はございません。

通信テスト環境

ごく少数ながら、一部の古いサーバー環境・言語からAPIをご利用される場合に、TLSに起因するクライアント側のエラーによってAPI通信に失敗する問題が報告されております。 ベンダーによってサポートされているバージョンのサーバー環境・言語からのご利用で不具合が起こることはほぼないと考えられますが、不安のある方は念の為下記テスト環境にて通信テストを行っていただきますようお願いいたします。

https://cdntest.pay.jp/

こちらは、どのようなリクエストに対しても下記エラーJSONが固定で返却されるページとなっております。

{
  "error": {
    "message": "Test response.",
    "status": 404,
    "type": "client_error"
  }
}

各種言語バインディングの通信先ドメインを上記に変更する等の方法で試験が可能です。

万が一通信に問題があり、かつ導入予定日までの対応が難しい場合は、お問合せフォームよりPAY.JPサポートまでご相談ください。

https://pay.jp/contact

入金一覧を入金予定日でフィルタする機能を追加いたしました

平素はPAY.JPをご利用いただき誠にありがとうございます。

今回、入金一覧APIに引数を追加致しましたのでお知らせ致します。

これまで、入金一覧APIの結果を絞り込むには入金オブジェクト作成日を対象としたsince/untilパラメータによる絞り込みしか方法がありませんでしたが、このたび入金予定日を対象として絞り込みができる since_scheduled_date / until_scheduled_date パラメータを追加いたしました。

影響範囲

既存加盟店様への影響はございません。
新規に追加された引数をご利用になられる場合は最新のSDKにて引数を指定してください。

変更内容

対象エンドポイントは下記になります。

GET /v1/transfers
GET /v1/tenant_transfers

これらのエンドポイントに下記引数を追加致しました。

  • since_scheduled_date
    • 入金予定日が指定したタイムスタンプ以降のデータのみ取得
  • until_scheduled_date
    • 入金予定日が指定したタイムスタンプ以前のデータのみ取得

リクエスト例

  • 2021年4月以降入金予定のデータが取得したい場合
# 4/1 0時JSTのUNIXタイムスタンプを指定する
curl https://api.pay.jp/v1/transfers?since_scheduled_date=1617202800 \
-u sk_test_c62fade9d045b54cd76d7036:
  • 2021年4月より前の入金予定のデータが取得したい場合
# 4/1 0時JSTのUNIXタイムスタンプを指定する
curl https://api.pay.jp/v1/transfers?until_scheduled_date=1617202800 \
-u sk_test_c62fade9d045b54cd76d7036:
  • 2021年4月入金予定のデータが取得したい場合
# untilに5/1 0時JST、sinceに4/1 0時JSTのUNIXタイムスタンプを指定する
curl https://api.pay.jp/v1/transfers?until_scheduled_date=1619794800&since_scheduled_date=1617202800 \
-u sk_test_c62fade9d045b54cd76d7036:

scheduled_dateのタイムゾーンについて

現在のPAY.JPは日本国内でのみサービスを提供しており、集計期間や入金予定日の計算は日本時間で行われます。
その為scheduled_dateにつきましては日本時間の入金予定日(半月締めであれば15日、月末締めであれば翌月末日)のJST0時となります為、ご注意ください。

SDKのアップデートについて

下記言語のSDKに関しては当機能追加の対応を本日更新致しましたので、お使いの際はアップデートをお願い致します。

  • payjp-go
  • payjp-node

今後ともPAY.JPをどうぞよろしくお願いいたします。

2021/4/29 Android SDKでのクレジットカード登録不具合のご報告

平素よりPAY.JPをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

PAY.JP Android SDKならびにそのプラグインで、下記時間帯においてクレジットカードの登録が失敗する問題が発生しておりました。

  • 2021/4/29 07:45ごろから2021/4/30 15:24ごろまで

問題が発生した対象のSDKは以下の通りとなっております。いずれも最新のバージョンにて不具合を修正しています。

SDK 対象バージョン 修正バージョン
PAY.JP Android SDK v1.2.0 〜 v1.4.1 v1.5.0
React Native Plugin (Android環境のみ) v0.4.0 〜 v0.6.2 v0.6.3
Flutter Plugin (Android環境のみ) v0.2.0 〜 v0.3.3 v0.3.4

上記時間帯にて、APIにおいて通信のgzip圧縮に関する設定に変更があり、これによってSDK内部でエラーが起きた結果、当該の時間帯のクレジットカード登録が失敗する問題が発生していました。

現在はgzip圧縮に関する設定を巻き戻しており、対象バージョンのSDKにおいてもクレジットカード登録は問題なく動作しますが、対象のSDKをご利用の加盟店様におかれましては、随時不具合を修正した最新バージョンをご利用くださいますようお願いいたします。

一方で全てのクライアントアプリケーションを短期間にアップデートすることの難しさを鑑み、当面はgzip圧縮が発生しないようにAPI側で対応する予定となっております。

この度はご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。お手数をお掛けしますが何卒よろしくお願いいたします。

2021-05-24 システム更新のための停止メンテナンス

平素よりPAY.JPをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

下記時間帯において、PAY.JPのシステム更新を目的とした停止メンテナンスを実施いたします。

  • 2021-05-24 02:00 - 05:00 (3時間)

対象となるサービスのメンテナンス中の挙動は以下のとおりです。

  • API
    • すべてのリクエストに対して下記の503エラーレスポンスが返却されます。
    • 定期課金の更新は、メンテナンス終了後まで延期されます。
      • メンテナンスへの影響を鑑み、定期課金更新の延期はメンテナンス開始時刻より前から行われる可能性があります。
{
    "error": {
        "code": "under_maintenance",
        "message": "PAY.JP is currently undergoing maintenance. Please try again later.",
        "status": 503,
        "type": "server_error"
    }
}
  • 管理画面
    • 503エラーページが表示され、ご利用いただけません。
  • PAY ID
    • 503エラーページが表示され、ご利用いただけません。

実施日時を含むメンテナンスの計画ならびに実施状況につきましては下記statuspageに最新の情報を記載しますので、ブックマーク、RSS登録等のうえ、随時ご確認いただくようお願いいたします。

status.pay.jp

ご利用のみなさまにはご不便をおかけし申し訳ありませんが、何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

反社チェック代行サービスの提供を開始しました!

本日より、反社チェック代行サービスの提供を開始いたしました。

定額制で安心、簡単に利用を開始できるサービスとなっておりますので、ぜひご検討くださいませ!

反社チェック代行サービスとは?

依頼をいただいた人物に関して、反社会的勢力との関連性等を調査し、該当した場合に報告をするサービスです。 f:id:payjp:20210415133744p:plain

反社チェック代行サービスについて(資料)

<データベースについて> 2021.4.23追記 
・複合的な情報から成る決済会社共通のデータベースを利用しております。
・月に1回データベースは最新情報に更新されます。
・反社会的勢力の排除を目指すものであり、100%の保証はございません。


サービスの利用シーン

特にCtoCのプラットフォームサービスにおいては、「販売者(サービス提供者)が反社会的勢力に該当しないかのチェックが実施されていること」が審査要件とされるケースが多くなっています。

しかしながら自社で反社チェックを行うには開発・運用リソースがかかりハードルが高いため、PAY.JPより反社チェック代行サービスを提供させていただいています。 審査要件には含まれないものの、リスク回避のために導入したい、という加盟店様にもご利用いただけます!

<このような方へおすすめです>
* プラットフォームサービスを運営しており、リスクがある販売者を排除したい。
* カード会社の取り扱い要件に反社チェックが含まれているが、自社では導入をしていない。
* 人的リソースが十分ではなく、最小限の工数でリスクを排除したい。
* 調査が必要な件数の見込みが不透明で、従量制の料金体系は避けたい。


PAY.JPの反社チェック代行サービスを利用するメリット

f:id:payjp:20210415164531p:plain


ご利用料金/条件について

同様のサービスでは従量課金制が多いのが現状ですが、PAY.JPではあんしんの定額制となっております。

お支払い方法: クレジットカード払い
月額費用: 20,000円(税込)
月間調査可能件数: 原則無制限(※)
無料トライアル: 60日間
※月間1,000件を超える見込みの事業者様は個別にご相談ください。


運用方法

サービスの利用申し込み完了後、所定のフォーマットでデータをアップロードしていただくだけで情報の連携が可能です。 f:id:payjp:20210415140544p:plain

対象者情報を元に全て弊社で照合を行い、該当した場合のみ3営業日以内にメールでご連絡いたします。


申し込み方法/解約方法

下記の手順で、いつでも管理画面からお申し込み/解約をしていただけます。

PAY.JP管理画面 -> 右上「•••」-> 契約プラン確認 ->  反社チェック代行サービス


ぜひお申し込みをお待ちしております!

ジャパンネット銀行の社名変更について

平素よりPAY.JPをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

2021年4月5日(月)付で、株式会社ジャパンネット銀行の商号変更が行われました。 変更後の名称は「PayPay銀行株式会社(英文名:PayPay Bank Corporation)」となります。

入金先口座情報にジャパンネット銀行を設定されている加盟店様におかれましては、本日より自動で「PayPay銀行」に表示が切り替わります。
銀行名の変更に伴い、加盟店様ご自身で必要なお手続きはございません。

設定口座情報は、管理画面にログインし、[本番利用申請] > [Visa,Mastercardの利用申請] > [ご入金情報] よりご確認いただけます。

なお、銀行名の変更に関する詳細は、ジャパンネット銀行のWEBサイトをご確認ください。

www.paypay-bank.co.jp

今後ともPAY.JPをどうぞよろしくお願いいたします。