定期課金の削除リクエストの仕様変更について

これまで定期課金(Subscription)を削除時にパラメーターを付与する場合、DELETE リクエストの body にパラメーターを付与してリクエストが行われていましたが、QueryString を用いる方法に変更されます。

現在すでに両方式でのリクエストに対応していますが、旧方式のリクエストは2018年10月3日中に廃止予定ですので、各SDKをご使用になられている場合はアップデートをお願いいたします。

なお、上記の変更は定期課金を使用していない場合は影響ありません。

変更前

curl https://api.pay.jp/v1/subscriptions/sub_19f6a2123363b514a743d1334109 \
-u sk_test_c62fade9d045b54cd76d7036: \
-d prorate=true \
-XDELETE

変更後

curl https://api.pay.jp/v1/subscriptions/sub_19f6a2123363b514a743d1334109?prorate=true \
-u sk_test_c62fade9d045b54cd76d7036: \
-XDELETE

各SDK をお使いの場合は、以下のバージョンにアップデートして頂きますようお願いいたします。

  • PHP SDK 1.0.0以上
  • Python SDK 0.0.5以上
  • Node SDK v1.3.1以上
  • Ruby SDK v0.0.6以上
  • Java SDK 0.3.0以上

お客様には大変ご不便ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

今後ともPAY.JPをどうぞよろしくお願いいたします。