PAY.JP Platform(ベータ版)テナント振込み時の名義指定が可能になりました

平素よりPAY.JPをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
掲題の件につきまして、ご案内申し上げます。

対応内容

PAY.JP Platformにおいては従来、弊社より各テナントに売上金を振込する際の名義は「PAY.JP-PAY(カ」と表示されておりましたが、各プラットフォーマー様が表示したい名義をご設定いただけるようにいたしました。

対応前

f:id:payjp:20200218160219p:plain

対応後

f:id:payjp:20200218160239p:plain



振込名義の設定方法

Marketplace型をご利用の場合

PAY.JP管理画面 > 本番利用申請 > Platformの本番利用申請 からご指定いただけます。

(1)管理画面から「本番利用申請」を選択し、「PAY.JP Platformの利用申請」に進みます。 f:id:payjp:20200218155521p:plain

(2)画面一番下までスクロールすると名義指定箇所がありますので、ご指定の上で保存してください。 f:id:payjp:20200218155541p:plain

Payouts型をご利用の場合

PAY.JP管理画面 > 本番利用申請 > VISA/Mastercardの利用申請 からご指定いただけます。

(1)管理画面から「本番利用申請」を選択し、「VISA/Mastercardの利用申請」に進みます。 f:id:payjp:20200218154957p:plain

(2)画面一番下までスクロールすると名義指定箇所がありますので、ご指定の上で保存してください。 f:id:payjp:20200218155017p:plain



名義設定に伴うご注意事項

振込名義の指定がない場合

従来通り弊社の名義である「PAY.JP-PAY(カ」の名義でテナントへの振込が実施されます。

使用できる文字

使用できる文字は下記ヘルプページに記載がございます。エラーが出る場合はこちらをご参照ください。

help.pay.jp

名義設定のタイミングについて

次回入金日の5営業日前までに振込名義の設定または変更があった場合、原則次回入金分より指定の名義で振込いたします。

例) 2019年10月31日(木)の入金分については、2019年10月24日(木)中に変更いただければ変更後の名義で振込されます。


以上、よろしくお願いいたします。

Transfer API の入金失敗時ステータス追加のお知らせ

平素よりPAY.JPをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

掲題の件につきましてご案内差し上げます。

概要

2019年10月31日より導入している総合振込の入金失敗を意味する「組み戻し」という状態を定義し、「組み戻し」に対応する値 recombination を入金ステータスに追加します。

recombination は今後の入金失敗時に failed に代わって割り当てられる入金ステータスの値となります。

適用タイミング

2020年2月29日入金予定分以降、口座情報の不備により入金失敗した場合

対象

における入金ステータス(status)

経緯・詳細

【更新】売上金振込方法のご変更のお知らせ - PAY.JP Announcement にてご案内差し上げた通り、総合振込における入金失敗は次回入金額から振込手数料に加え組戻手数料が引かれるものとなります。

これまでの入金ステータスは入金失敗時に failed を割り当てておりましたが、総合振込への切り替え前後の区別がつかないため、この度総合振込における入金失敗を「組み戻し」という状態に定義して recombination と表すこととなりました。

なお、確定済データの整合性維持のため既存の failed 状態の入金データはそのままとし、2020年2月29日入金予定分以降の入金失敗分について recombination が割り当てられますのでご了承ください。

今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

モバイルSDK v1.1: カード登録画面とReact Native、Flutterプラグインをリリースしました

先日リリースしたPAY.JPモバイルSDK v1.1にて、これまでのカード登録UIに加えて、デザインされたカード登録画面の提供を開始いたしました。

また、React Native製アプリ、Flutter製アプリにそれぞれ組み込み可能なプラグインをリリースしましたのでお知らせいたします。

カード登録UIのアップデート

v1.0にてクレジットカード情報の入力のためのフォームUIを提供いたしました。

payjp-announce.hatenablog.com

今回のアップデートではこのカード登録UIがActivity・UIViewControllerとして利用できるようになりました。

f:id:payjp:20200213104809p:plain
モバイルSDK v1.1 カード登録画面

利用可能なカードブランドを自動で取得し、入力したカード情報のトークン化までSDKがおこなうため、導入がより容易になりました。見た目のカスタマイズも可能で、デフォルトのテーマはダークモードに対応しています。

導入方法につきましては、以下のガイドをご確認ください。

iOSでの利用 | PAY.JP

Androidでの利用 | PAY.JP

React Native・Flutterプラグイン

昨今、Android、iOSアプリでコードベースを共通化できるクロスプラットフォーム開発は、組織やプロダクトに応じて開発手法を検討する上で強力な選択肢となっています。 実際にPAY.JPの導入において、こういったクロスプラットフォーム技術の対応はかねてよりご要望いただく機会がありました。

そこで、より多様なプロダクトにカード決済をすばやく導入いただけるよう、以前からご要望の多かったReact NativeとFlutterの公式プラグインの提供を開始いたします。

両プラグインともに、以下の機能をご利用いただけます。

  • カード登録フォームによるカード情報のトークン化
  • Apple Payによるアプリ内決済(iOSのみ)

具体的な実装方法につきましては、導入ガイドやGitHubのサンプルをご確認ください。

React Nativeでの利用 | PAY.JP

Flutterでの利用 | PAY.JP

フィードバックをお待ちしています

SDKはGitHub上に公開されており、開発者の皆様からのフィードバックをお待ちしております。不具合を発見された場合や、改善のご要望などございましたらぜひご報告ください。

github.com

github.com

今後ともPAY.JPをどうぞよろしくお願いいたします。

PAY.JP Partner(ベータ版) パートナー企業様の募集を開始いたします

本日より、加盟店様ご紹介制度PAY.JP Partner(ベータ版)の募集を開始いたしますので、お知らせいたします。
PAY.JP Partnerにお申込みいただくにあたって、発生する費用・コストなどは一切ございません。
ぜひご検討くださいませ!

PAY.JP Partnerとは?

パートナー企業様からのPAY.JP加盟店のご紹介制度です。
PAY.JP Partnerにご登録いただいたパートナー企業様から加盟店様をご紹介いただいた場合、<パートナー企業様へ紹介料をお支払い>または<紹介加盟店様の手数料率引き下げ>のどちらかの方法で還元をさせていただきます。
ご紹介加盟店様をご紹介いただく都度、還元方式はお好きな方をお選びいただくことができます。 f:id:payjp:20191223145709p:plain

PAY.JP Partnerのメリット

f:id:payjp:20191223094915p:plain

PAY.JP Partnerでお選びいただける還元方式

加盟店様のご紹介都度、どちらの還元方式にするかをお選びいただくことができます。

パートナー企業様にご紹介料をお支払いすることで還元をさせていただくか、紹介加盟店様の手数料率を引き下げることで加盟店様に還元させていただくかのいずれかになります。 f:id:payjp:20191223145744p:plain

なお、還元方式はあとから変更はできませんので、ご注意ください。

選べる還元方式の詳細

(1)パートナー企業様へのキックバック方式

紹介加盟店様の決済金額の0.3%相当をパートナー企業様へお支払いいたします。
※毎月末に締め翌月末にお支払い f:id:payjp:20190926155347p:plain

キックバック方式は紹介加盟店様の利用されているプランが、ベーシック/Travel/NPOプランのいずれかの場合のみお選びいただけます。
加盟店様がプロプランおよびSeedプランを利用されている場合は紹介料はお支払いできませんのであらかじめご了承ください。

(2)手数料率引き下げ

紹介加盟店様に適用される手数料率を、通常プランよりも低いパートナープラン特別料率とさせていただきます。 f:id:payjp:20190926160804p:plain ※お申し込みより1年間限りとなり、1年経過後はベーシックプランの料率および精算サイクルに切り替わります。
※1年経過以降、同じ条件での利用を希望される場合はプロプランへの申し込みが必要となり、月額1万円(税込)がかかります。
※加盟店様のご紹介日から1年間となりますのでご注意ください。

PAY.JP Partnerご契約〜加盟店様紹介の流れ

パートナー企業様のお申し込みをしていただきましたら、弊社で審査および登録をさせていただきます。 パートナー企業様の登録完了以降、加盟店様のご紹介が可能となります。

PAY.JP Partnerご契約(パートナー企業様お申し込み)

パートナー企業様と弊社の代理店契約を結ぶお申し込みとなります。

  1. ご契約フォームよりお申込み
    https://form.run/@pay-56848

  2. PAY.JPより審査結果のお知らせ
    ※以降、加盟店様のご紹介が可能となります。

加盟店様紹介

パートナー企業様経由でPAY.JPにアカウント登いただいた加盟店様を、弊社にご紹介いただく際の流れとなります。
加盟店様は本番稼働開始までにご紹介ください。

  1. 加盟店様のPAY.JPアカウントの作成
    https://pay.jp/signup
    ※アカウント作成は、パートナー企業様で代理で行っていただいても、加盟店様自身でご登録いただいてもどちらでも問題ございません。

  2. 加盟店様紹介フォームよりご紹介の申請
    https://form.run/@paypartner-8905

  3. PAY.JPにて加盟店様を紐付け、ご希望の還元方式を設定
    ※紹介時点で還元方法を設定いたします。そのため手数料引き下げを選択する場合、紹介時点から1年間が引き下げ期間となりますのでご注意ください。

なお、加盟店様が実際にクレジットカード決済をご利用いただけるようになるには、別途カード会社様の審査がございます。
全てのカードブランドの審査が終わるまでに1ヶ月ほど日数がかかりますので、あらかじめご了承ください。

規約改定

本変更に伴い、令和2年1月16日付で、PAY.JP Partnerの加盟店取次に関する規約を改定いたしました。
https://pay.jp/legal/tos-partner

該当箇所は下記の通りとなります。

  1. キックバック対象となるプランにNPOプランおよびTravelプランを追加(第3条2項)
  2. 還元方法が2種類から選べることになったため、記載内容を変更(第5条)
  3. 第5条に定める取次業務の対価について詳細を記載(別紙1項)

年末年始休業のお知らせ

日頃から弊社サービスのPAY.JP / PAY IDをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 今年度の年末年始のお申込み対応および振込スケジュールについて、以下の通りご連絡をさせていただきます。

年末年始の入金関連スケジュール

12月末入金について

12月末日は金融機関休業日となりますため、振込スケジュールは下記となります。

・2020年1月6日(月) 着金

1月末入金予定額の確認について

1月末の入金予定金額(※)が管理画面の「入金一覧」よりご確認いただけるようになるスケジュールは下記となります。

・2020年1月7日(火)以降

※半月締めプランの場合は、1月15日の入金予定額

年末年始の審査業務について

加盟店様の審査業務は下記の期間に関しては休業とさせていただきます。

・2019年12月28日(土)から2020年1月5日(日)まで

年末年始のサポート営業時間について

お申込み手続き、お問合せ対応は下記の期間に関しては休業とさせていただきます。

・2019年12月28日(土)から2020年1月5日(日)まで

期間中お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。
なお、期間中のお問い合わせにつきましては2020年1月6日(月)以降に順次対応をさせていただきます。

来年も、本年同様お客様にご満足いただけるサービスのご提供を目指し、 社員一同より一層努力して参ります。
今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

モバイルSDK v1.0リリース:そのまま使えるカード登録のUIを追加しました

モバイルSDKとは

PAY.JPでは加盟店様のさまざまなビジネスで安全に決済をご導入いただけるよう、チェックアウト、payjp.js、モバイルSDKといった各種クライアントサイド向けライブラリを提供しております。

決済に利用するカード情報を直接加盟店様のサーバに保存することは大変リスクが高く、高度なセキュリティが要求されるため、PAY.JPサーバ上でカード情報から発行したトークンを代わりに扱います。 (カード情報のトークン化について学びたい方は PAY.JP API 利用ガイド | PAY.JP をご参照ください)。

モバイルSDKは、加盟店様のiOS・Androidアプリでこのトークン化を行うためのライブラリです。

今回のv1.0リリースでは、カード情報を入力するためのカード登録フォームを新たに追加し、より素早く安全にモバイルアプリに決済を導入できるようになっています。

f:id:payjp:20191106114646p:plain
モバイルSDK v1.0

カード入力に最適なUIとカスタマイズ

お客様にストレスなくカード情報を入力していただけるよう、カードフォームは設計されています。たとえば、今回のリリースでは以下のような機能があらかじめ実装されており、フォームを組み込むだけでご利用いただけます。

  • カード番号や有効期限の整形
  • 入力したカードブランドの可視化
  • 入力ミスへのフィードバック
  • OSによる自動補完サポートの対応
  • カメラによるカード番号の読み取り

また、どのようなアプリにも違和感なく導入できるよう、見た目のカスタマイズが可能です。 iOSでは2つの基本レイアウトからアプリに合わせたレイアウトを選択することができ、ベースカラーなどを変更することができます。 AndroidはMaterial Designのコンポーネントを使用しているため、Themeを設定することでアプリのスタイルをそのまま適用できます。

具体的な実装方法につきましては、導入ガイドやGitHubのサンプルをご確認ください。

iOSでの利用 | PAY.JP

Androidでの利用 | PAY.JP

今後の開発予定

v1.0ではアプリの画面に埋め込むタイプのカードフォームのみですが、完全にデザインされたフォーム画面全体の提供( UIViewControllerActivity としての提供)を予定しています。 また、React NativeやFlutterなどクロスプラットフォーム開発のフレームワークにも導入いただけるようSDKの拡充を行ってまいります。

最後に

PAY.JPは開発者フレンドリーな決済サービスを目指しています。 SDKはGitHub上でオープンソースとして開発されており、開発者の皆様からのフィードバックをお待ちしております。不具合を発見された場合や、改善の要望などございましたらぜひご報告ください。

github.com

github.com

今後ともPAY.JPをどうぞよろしくお願いいたします。

【更新】売上金振込方法のご変更のお知らせ

掲題の件につきまして、前回2019年9月30日振込分から売上金振込方法を変更する旨をご案内しておりましたが、2019年10月31日からに変更となりましたので、ご案内を以下の通り更新させていただきます。
なお、10月1日より消費税率が変更となる影響で、組戻手数料につきましても648円から660円に変更となります。

<更新内容>
掲題の件につきまして、弊社から加盟店様に売上を振込する際の振込方法を下記の通り変更させていただくことになりましたので、お知らせいたします。

変更前:振込振替
変更後:総合振込
変更日:2019年10月31日振込より、総合振込での振込を実施

▼変更の経緯
振込振替の場合、略称の違いなど軽微な口座名義相違でも振込エラーとなり、加盟店様への振込時期が遅れてしまうといった影響がございました。
このような加盟店様負担を軽減するため、変更をさせていただくことにいたしました。

▼変更後の注意点
本変更により、口座情報に誤りがあり振込ができなかった場合、組戻手数料660円(税込)が加盟店様の負担となります。
また振込が失敗した場合も振込手数料250円(税込)がかかります。
そのため、振込ができなかった場合、合計で910円(税込)が加盟店様負担となります。
※組戻手数料や振込手数料の金額は今後変更となる可能性もございますのであらかじめご了承ください。

口座情報の入力の際には、十分にご注意くださいますようお願いいたします。

なお、組戻手数料および振込手数料は、加盟店様の売上から差し引かせていただきます。

以上、よろしくお願いいたします。